Imprimer


試験の形式を確認しよう:DELF・DALFの各試験は、問題の数・タイプ・時間、聴解問題の時間・聞き取り回数、要求される課題など、それぞれ形式が異なります。当サイトで自分の受ける試験についての情報を確認した上で、準備をしてください。


チャンスを味方につけよう:試験前夜は、コンディションを整えてください。ギリギリまで復習をしても無駄なこと、ストレスが増すばかりです。リラックスを心がけ、ゆっくりと休息を取って、当日、穏やかな状態で試験に臨みましょう。


試験当日は、きちんと食事を取って、遅刻しないよう、十分に前もって出発してください。


■ 遅くとも筆記試験開始の10分前には受付を済ませてください。ストレスを避けるため、十分に時間の余裕をとってください。早めに到着することで、緊張をほぐし、ゆったりと試験に臨むことができます。


身分証明書を必ず持参してください。


筆記用具(ボールペン(万年筆)、修正液、メモや下書きのための鉛筆と消しゴム)を持参してください。配布された解答用紙には黒あるいは青インクのペンで答案を書かねばなりません。


■ 携帯電話の使用は禁止されています。時計を持参し、試験会場の時計と時刻を合わせてください。


■ 試験会場には飲み物の持ち込みが認められています。