Imprimer



DELF・DALF | DELF・DALF 試験の種類 | 証明書の受け取りについて
DELF・DALF

フランス国民教育省認定公式フランス語資格

DELF・DALF とは、フランス国民教育省が認定した唯一の公式フランス語資格(ディプロム)で、一度取得すれば無期限有効です。自分の フランス語の能力や知識を証明書として形にすることができます。

DELF(デルフ・フランス語学力資格試験)/DALF(ダルフ・フランス語上級学力資格試験)は、CIEP(国際教育研究センター)が認可した試験センターでのみ開催されます。

 

国際標準・統一規格の資格試験

DELF・DALF の試験問題は欧州語学検定協会(www.alte.org)が定めた国際規格に準拠しています。

ヨーロッパ言語共通参照枠(CECRL)が定めた6段階のレベルに対応したディプロム(資格)があります。 ※ヨーロッパ言語共通枠の日本語版については、吉島茂・大橋理枝他(訳・編)『外国語教育II - 外国語の学習、教授、評価のための ヨーロッパ共通参照枠』(朝日出版社、2004年)をご参照ください。また、インターネット版が http://wwwsoc.nii.ac.jp/jgg/jggla/library/cef_verzeichnis.htmlで閲覧できます。

欧州言語共通参照枠等級

DELF / DALF

言語使用者

 

学習時間の目安

C2

DALF C2

熟達した言語使用者

熟練

1000時間以上

C1

DALF C1

自主的運用

800-950時間

B2

DELF B2

自立した言語使用者

上級

550-650時間

B1

DELF B1

中級

350-400時間

A2

DELF A2

基礎段階の言語使用者

初級

150-200時間

A1

DELF A1

入門

60-100時間



信頼の資格:問題設定/採点/認定

試験は厳正な基準に基づいて作成・採点されます。問題作成者、採点官、面接官は全員が必須の研修を受けて公式資格を取得(三年ごとに更新)しています。

受験者は以下の4つの言語能力が問われます。

  • 聴解

  • 読解

  • 文書作成

  • 口頭表現


証明書を取得すればフランス留学が容易に
DELF B2またはDALFの取得者は、フランスの大学に登録するための語学試験を免除されます。

DELF・DALF 試験の種類

■  DELF・DALF :最も一般的な資格試験です。

DELFジュニア:「DELFジュニア」では、児童・青少年を対象としたテーマが出題されます。DALFにはジュニア版はありません。証明書はDELFと同じです。

DELFプロ:「DELFプロ」では、仕事上の状況に関わるテーマ・課題が出題されます。証明書には特記事項として「Professionnel」と記載されます。

DELF Prim:「DELFプリム」は、小学校に通う、および/あるいは8歳以上12歳以下の学習者を対象とします。

証明書の受け取りについて

試験期間の終了後(試験期間最終日から2ヶ月以内)、試験の結果通知と、氏名等の修正申し込み期限に関する文書を発送します。氏名・出生地等の修正は期間を過ぎると認められません。

試験結果は次にCIEPに送られ、CIEPはその後2ヶ月以内に証明書を発行、日本のDELF・DALF試験管理センター宛に送付します。受験者には各試験センターでの証明書の受け取りに関する案内を個別にお送りします。証明書は管理センターから各試験センターへ転送されます。受験者は自分が受験した試験センターでお受け取りください。

<注意>証明書・合格証は大切に保管してください。CIEPでは一切コピー等の発行は行いません。