Imprimer



出願について | 試験日程 | 受験資格について | 受験料 | 出願方法 | 出願に際しての注意
出願について

日本フランス語試験管理センターでは、一般DELF・DALFを年に2回、基本的に春と秋に実施しています。

出願手続きは、試験開始日の約6週間前に締め切られますのでご注意ください。出願期間は、日本フランス語試験管理センター公式サイトdelfdalf.jpおよび各試験センターのホームページ、大学や各種語学学校で配布(個人でも入手可能)されるリーフレット、NHKラジオ・テレビ講座テキストで告知されます。出願受付期間を過ぎてからの出願は一切認められません。

試験日程

2022年試験日程

受験資格について

DELF一般・DALF : 年齢・国籍を問わず、どなたでも受験できます。
DELFジュニア:16歳以下、あるいは高校に在籍している方が受験できます。国籍は問いません。
DELF Prim:小学校に在籍している、および/あるいは12歳以下の方が受験できます。

<注意>フランス国籍の方は、以下の例外を除いて受験することはできません。
- 出身地がフランス語圏以外の国であるフランス人
- フランス人向けの中等あるいは高等教育免状を取得していないフランス人

受験料

試 験

DELF A1.1
(Prim)

DELF A1
(Prim, ジュニア, 一般)

DELF A2
(Prim, ジュニア, 一般)

受 験 料

9,500円

9,900円

12,500円

 


試 験

DELF B1
(ジュニア, 一般)

DELF B2
(ジュニア, 一般)

DALF C1

DALF C2

受 験 料

14,900円

18,000円

24,000円

26,000円


* 2017年11月から受験料が変わります。
* アンスティチュ・フランセ(東京・横浜・関西・九州)とアリアンス・フランセーズ(札幌・仙台・名古屋・徳島)の受講生には、1000円の割引があります。


出願方法

■願書に必要事項をご記入ください
パスポートあるいは身分証明のコピーをご用意ください。
上記の書類を受験ご希望の試験センターへご持参ください。
試験センターで受験料をお支払いください。
出願受付期間にご注意ください!出願締め切り後の出願は認められません。

出願に際しての注意

■ 受験ご希望の出願すると12桁の受験番号が発行されます。この受験番号によってすべての試験記録が管理されます。世界各国で同受験番号で受験していただけます。試験当日の欠席や合否にかかわらず、一度でも出願されたことがある方は、すでにお持ちの受験番号でご出願ください。尚、受験番号を紛失された方は、前回受験の試験センターへお問い合わせください。

■ 複数の試験を併願する場合、異なる試験センターでの受験はできません。

■ ご出願後の試験レベル変更はお受けできません。

■ 住所等の変更がある場合は、メールもしくはファックスで、出願された試験センターへご連絡ください。


試験の中止と受験料返金について

a.受験生の都合による出願取消

    DELF DALF 及び TCF (TCF SO を除く)の受験生は、受験料支払日から14日間以内であれば、出願を取り消すことができます。出願取り消しの場合、アンスティチュ・フランセ日本は受験料を返金いたします。ただし、受験料返金額の20%を出願取消手数料として申し受けます。この期間以降は、出願の取消、変更は一切お受けできません。
    筆記試験終了後遅くとも30日以内に、受験できない旨を証明する医療機関発行の診断書を提出することにより、受験生は受験料を次期の試験に持ち越すことができます。

b.出願者数が規定数に達しない場合の試験の中止

    アンスティチュ・フランセ日本は、出願者が既定数に達しない場合は試験を中止することがあります。この場合、出願規定(d)により、出願者には受験料を全額返金いたします。

c.不可抗力と異常事態による試験の中止

    台風、洪水、地震、噴火、大雪などの自然災害あるいは悪天候よる警報の発令、治安の悪化、火災、犯罪行為、保健衛生上の例外的な状況といった不可抗力や異常事態により、試験センターに到着できない場合や予定されていた試験が実施できない場合、アンスティチュ・フランセ日本は試験を中止することがあります。試験中止の場合、受験料は全額返金いたします。

d.返金手続き

    受験料は、通帳のコピー(銀行名、支店名、口座番号、口座名義人など口座情報が確認できるページ)の提出および返金申請書に署名後、30日以内に銀行振り込みにて返金されます。返金申請書は、(特に未成年者の場合)受験生と返金申請者との関係を証明するものです。